EUREKA!

みつけたりわかったりわからないけどわかりたかったり

I'm here!

今、メルボルンに旅行に来ています。ひまなので旅日記したためました。

f:id:pyonsky:20140611155430j:plain

飛行機着陸直前に見た夜景が海に浮かぶ夜光虫の群れのようで、ものすごく美しかった。
あの光の中に人がいてそれぞれの暮らしがあって、これから自分もあの中に混じるなんて、顕微鏡で見てる世界に小さくなって飛び込むみたい!不思議すぎる!と興奮し、もしかしたら生まれるときもこんな気持ちだったんじゃないかと思った。
そんなものすごく美しく見えた世界も、実際参加してみると言葉は片言しか話せないし、サンドイッチが1000円くらいして物価超高いし、わからないことだらけで大変。
反面、見るもの全部が新鮮で、「言葉が通じた!」とか「電車に乗れた!」とか「買い物ができた!」とかでいちいち達成感と喜びを感じていて、それもまた生まれ変わりっぽい感じを増幅させてる。
一人旅はストレスフルなのになんでみんな行くのかと思ってたけど、この生まれ変わり感を味わうためかもしれないとちょっと腑に落ちた。

airbnbで見つけた滞在先まではシティから電車とバスで約1時間。
日本で頼みの綱にしているマップアプリが使えない恐怖!
それでもなんとかへとへとでたどり着いたら、ホストのご家族が歓迎してくれてうれしかった。
杉浦康平を尊敬しているというグラフィックデザイナーのお父さんと近くのスーパーまでドライブしていると、運転中なのにいきなり手相占いを始めて、子ども3人産むとか金持ちになるとかイケメンと結婚するとか調子いい感じのことをいろいろ言ってくれた。楽しみだなあ。

滞在先の生ゴミ捨て場を糧にしてる野良猫の一家(子猫3匹を含む5匹)とも知り合った。
猫も異国の顔をしていて驚く。
特にパパ猫は顔も雰囲気も黒豹みたいで、初めて猫を見て畏怖を感じた。
子猫はとても臆病だけど近くまで来てくれるようになった。
帰るまでに仲良くなれたらいいなあ。

明日はシティをめぐる予定!

f:id:pyonsky:20140612130453j:plain

 

f:id:pyonsky:20140612125557j:plain

広告を非表示にする