読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EUREKA!

みつけたりわかったりわからないけどわかりたかったり

I Love CERES!

滞在4日目、朝からバスを乗り継いでCERESへ。
CERESは、メルボルンに住んでいた友人が勧めてくれたパーマカルチャースポット。
メルボルンのバスは、日本のように電光掲示板があったり停車地をアナウンスしてくれたりしないので、『地球の歩き方』に書いてあったとおりに乗車時に運転手さんに「Can you let me get off at ○○」と伝える。
「Can you let me get off at 」は、忘れないようにメモした。
この、いちいち人の助けを借りる感じ、日本ではずっと忘れていた。
人に迷惑をかけないようにと育てられ、無理してでも多少つらくても人の力を借りないようになっていたなあ、これからはもう少し人に甘えられるようになりたいなあとバスに揺られながらしみじみ思った。

CERESはこんなところ(http://www.ceres.org.au/)なのだけど、行ってみたら予想以上に好きな場所だった。
着いたときちょうど、男女デュオのミュージシャンがライブをしていた。その演奏がとてもすばらしくて、おかげで今日1日がいい気分で過ごせたといっても過言ではない。
ちゃんと聴きいっている観客は私を含めて5人くらいなのだけど、彼らは全然そんなの気にしていなくて、リラックスして楽しみながらも真剣で、それもまたよかった。
こんな風にライブできる場が東京でもあったらいいのに。
ライブステージの隣では、ヒッピー丸出しの素敵なお兄さんがカフェをやっていて、音楽お構いなしにコーヒーを注文した人の名前を大声で呼んでいる。
大人も子どもも雀もニワトリもミツバチもハエもみんなすきなようにしていた。
日本にもできろ!CERES!

大満足でCERESをあとにし、近くのノースコートという街に寄った。
滞在4日目にして、カフェでお茶をしながら手紙を書くという高等遊戯を為す。
毎日がはじめてのおつかい気分だ。

帰りの電車に乗りながら、『千と千尋の神隠し』で千尋が電車に乗るシーンを強烈に思い出した。
今、あのときの千尋の気持ちすごくわかると思ったのだけど、千尋はすげー怖いと噂の銭婆に会ってハクの罪を謝るために電車に乗っていたのだから、今の私の百倍くらい不安だっただろうな、全然及ばないな、千尋すごいなとすぐに打ち消した。

f:id:pyonsky:20140615104737j:plain

f:id:pyonsky:20140615105536j:plain

f:id:pyonsky:20140615110154j:plain

f:id:pyonsky:20140615112207j:plain

f:id:pyonsky:20140615130353j:plain

f:id:pyonsky:20140615132203j:plain

f:id:pyonsky:20140615150646j:plain